あなたに、習得したいという熱意があれば、SQLの習得は可能です。



  • どうやって勉強したらいいか、わからない
  • 勉強はしたいけど、仕事がいそがしくて、勉強する時間がない
  • なんどか、勉強したけれど、難しくて理解できない
  • 勉強したけれど、どうのように使ったらいいか、わからない
  • まわりの人に、教えてもらいたいけれど、どこを聞いたらいいかわからない


SQLを勉強したいと考えている人の多くが、上記のようなことで、悩んでいます。

実は、このような悩みは、ある方法で解決することができます。

はじめまして、近藤春樹と申します。

私は、これまで、プログラム開発、システム開発に、30年ほどかかわっております。

システム開発に長く従事しているのですが、ここ数年の技術の進歩を目覚ましく、感じます。

特に、コンピュータの能力の向上、インターネット環境の整備には、驚くばかりです。

月額500円程度の、レンタルサーバを借りることで、本格的なシステムを数日で
インターネットに公開することも、できるようになってきており、昔から考えると、夢のような話です。

このような、状況で特に注目されているのが、データベースであり、これを、扱う言語であるSQLです。

しかし、SQLは、他の手続き型の言語(java,C#)とはことなり、その習得に苦労しているようです。

そして、残念なことに、習得したいと考えているにも関わらず、多くの人が挫折しているようです。


私も、データベースを操作する言語であるSQLの習得に、とても苦労しました。

当時、
職場は、みんな納期に追われて、とても忙しく、なかなか教えてくれる
余裕のある人は、いませんでした。

私は、本を読んだり、インターネットで調べたりして
SQLを習得しようとしました。

しかし、なぜか、理解ができない。

必要に迫られているのに、わからない。

目の前の本棚には、SQLの本が、6冊も並んでしまいました。
どうにか、時間を作って、本に目を通すのですが、わからない。。。

「このままでは、取り残されてしまう」

そう感じた私は、仕事で遅くなった後でも、
家に帰ってから、眠い目をこすりながら、 本に目を通すのですが、わからない。。。

そんな日が、何日も続きました。

絶望的状況だった私は何とかしようと思い、
あるとき、会社の先輩に、相談をしました。

    私 「いろいろ本を読んでSQLを勉強しているんですけど、よくわからないんですけど」

    先輩  「SQLは、本を読んだだけでは、なかなか覚えられないよ。。。」

    私 「どうやったら、覚えられるんですか?」

    先輩  「実際に操作して覚えるのが、一番いいよ」

    私 「でも、まだなにもわからないんで、操作することもできないんです」

    先輩  「それなら、操作できるところで、勉強すれば」

    私 「そんなところあるんですか?」

    先輩  「実践型のセミナーみたいなところに行ってみたら」



「操作がわからないから、勉強したいのに、操作できるところで勉強する???」

どういう意味か良くわからなかったのですが、ものは試し、ということで、

SQL入門の2日間のコース「実践型のセミナー」に参加することにしました。

セミナーは、すぐに操作できるような、環境が各人に準備されており、
コンピュータを実際に操作しながら、進めるものでした。

先生の話を聞き、
テキストに従い、
キーボードからSQLを「カチカチ」と打ち込んで、
「実行キー」を押すと、

ちゃんと動くんです。

結果が画面に表示され、納得する。

すると、これまで理解できなかったことが、不思議と理解できたんです。

2日間のセミナーは、あっという間に終了したという感じです。

「SQLを習得した」
という充実感を味わうことができました。

帰りの電車の中で、カバンからセミナーのテキストを取り出し、もう一度、目を通した時、
私は、思わず、「ニヤニヤ」してしまいました。

周りからは、怪しい人と思われていたかもしれません。

なぜかというと、これまで、理解できなかったSQLがわかるようになったんです。

なんで、「毎晩、理解できずに悩んでいたのか」、とさえ思いました。

そして、その日を境に私のデータベースへの考え方が、劇的に変化して行ったのです…



あなたは、データベースを扱うことを、どのように感じていますか?
 ・面倒なもの
 ・わずらわしいもの
と思っていないでしょうか?

私も以前は、
わずらわしい存在であり、できれば避けていたいものでした。

しかし、SQLを習得し、データベースがみじかなもになると、
 ・データベースはとても便利なもの
 ・とても役に立つもの
となり、データベースを扱うことで、仕事が楽しくなっていきました。

どんなところが楽しくなり、どんなところが役に立つのか、一部ですが、まとめてみますね。

    1、集めたデータを、もっと有効に活用する方法とは?
    あなたは、集めた情報を十分に活用していますか?

    情報を集める処理することに追われてしまい、
    活用する所まで余裕がないということはないでしょうか。

    データの量が非常に多い、
    どうやって分析していいのかわからない、
    集めた情報があちこちに存在する、
    .....
    など、理由はたくさんあります。

    しかし、せっかく、役に立つ情報が、たくさんあるのに、もったいないですよね。

    SQLはデータベースを直接扱う操作する言語です。
    SQLを使うことで、データを直接、絞り込み、集計などができるので、
    集めた、データを、素早く分析し、活用することができます。

    たとえば、一度SQLで分析を行い、その結果を見て、
    絞込み条件などを変えて、その場でやり直す。
    などということも可能です。

    情報は、活用して初めて役に立つものです。
    SQLを使って、集めた情報を活用しましょう。

    2、データの処理のプログラムを、手離れよくする方法とは?
    あなたは、Excelを使って、データの分析や集計などを行っていませんか?

    Excelをデータ処理に活用すると、データを見ながら、処理の作成、登録できるので、
    効率よく処理ブログラムを、作ることができます。
    私もよく活用しています。

    しかし、処理する内容が、ある量を超えると、どこでどのように処理しているのか、
    急に、分かりにくくなり、管理しにくくなります。

    もともと、Excelは表計算ソフトなので、複雑な処理を、
    1つのExcelのファイルで管理するのには、無理があります。

    処理が複雑になってくると、
    機能を追加する場合、修正する場所を探すだけでも大変となり、
    作った人でないと、修正は難しくなります。

    また、本当に結果が正しいのか、検証することも大変になってきます。

    データの処理が複雑になってきた場合には、
    SQLによる処理で置き換えることがとても有効です。

    SQLは、データを処理する部分を、明解に表記するため、
    メインテンスがとてもしやすいものになります。

    また、処理の検証も、SQL文とデータによるものとなるので、
    効率よく行うことができます。

    3、システム開発を、データから考える方法とは?
    あなたは、データとプロセスのどちらが大切だと、思いますか?

    「プロセス」だと考えていないでしょうか?

    私も以前は、「プロセス」だと考えていました。

    しかし、データベースを意識するようになると、
    「プロセス」より「データ」
    の方が、分かりやすいようになり、イメージしやすくなってきます。

    たとえば、
    あなたが、旅行に行こうと思い、
    旅行のパンフレットを見たとします。

    そこに、スケジュール表があった時、
    スケジュール表を見てすぐに、イメージがわきますか?

    なんどか、いったことのある場所であれば、別ですが
    スケジュール表だけでは、なかなかイメージはわきにくいのではないでしょうか。

    しかし、泊まるホテルの写真や、
    観光地や、レストランの写真があれば、
    イメージがわきますよね。

    それに、「このホテルより、こっちのプール付きのホテルの方がいい」 のように、修正もわかりやすいですよね。

    システム開発の場合でも、手続き(スケジュール)より、
    「行きたいところ、扱うもの、データ」
    の方が、イメージがわきやすく、頭も整理しやすくなります。

    データベースを扱えるようになると、システムを開発を行う場合に、
    「データから考えること」
    により、効率よく行うことができるようになります。

    4、動的なWebシステムを、効率良く作る方法とは?
    あなたは、動的に変わるWebシステムを作る場合、どのような方法で行いますか?

    私は以前、動的なWebシステムの場合、データベースを用いずに
    Perlとテキストのファイルで作っていました。

    わざわざ、データベースを作らなくても、動かすことができたためです。

    しかし、テキストのファイルで、動的なWebシステムを作っていると、
    システムが複雑になってくると、保存されたデータとのやり取りが
    複雑になり、わかりにくいものになってきます。

    データベースを使って、Webシステムを構築すると、
    データの受け渡しの部分が、SQL文で記述できるため、
    非常に分かり易いものにすることができます。

    また、動作がおかしい場合でも、データベースを見ることで、
    原因の切り分けも、しやすくなります。

    このため、動的なWebシステムを作る場合、
    データベースを使うことで、効率よく作ることができます。


この他にもたくさんありますが、
SQLを覚え、
データベースを活用すると、たくさん便利なことがあります。

SQLを習得するのに、良い方法はなんでしょうか?

そうですね。
「操作できるところで勉強する」
ことです。

例えば、英会話を習う場合、
英語を話せる人と、会話するのが一番早いですよね。

SQLの場合でも、実行できる環境があれば、
実際に操作しながら、覚えることができます。

このため、初めにお話したように、 「実践型セミナー」 がとても有効です。

それでは、「実践型セミナー」の費用はいくらぐらいだと思いますか?

だいたい、80,000円〜200,000円ぐらいが相場のようです。

ちょっと高いように、感じますが、

人を集めやすい、交通の便のいい所に教室を用意し、
人数分の、コンピュータを準備し、
準備した、コンピュータに、勉強できる環境を構築し、
説明のための、講師も必要です。

また、操作方法を細かく説明し、
質問に対してもていねいに、受け答えするようためには
一回の講座での生徒は、10人〜20人程度が限界です。

そうすると、どうしても、80,000円〜200,000円ぐらいに
なってしまいます。

でも、やっぱりちょっと高いですよね。

それに、セミナーの会場まで、足を運ばないといけないし
もちろん、普段の仕事と、日程も調整しないといいけません。

「実践型セミナー」
とってもいいものなのに、なかなか活用されていないだな・・・・・・
と思いました。

そこで、このような、いいものなので、もっと多くの人に活用できる方法はないかと考えました。

つまり、
「実践型のセミナー」
を自宅のコンピュータでもできる方法はないかと・・・・・・

そこで、誕生したのが、
「さわって覚えるSQL入門講座」
です。



実は、その仕組みは、とても「シンプル」なのです。
「実践型のセミナー」で行っていたことを、自宅のコンピュータでできるようにしただけです。

特に、Cステップの、
「実際にSQL文を実行して内容を理解する」
がとても大切です。

これが、なかったので、これまで、なかなかSQLを習得できなかったんです。

ちょうど、本を読むだけで、水泳の泳ぎ方を勉強していたようなものですね。


「さわって覚えるSQL入門講座」 は、

「とにかく、まず、SQLを使えるようになる」
ということを、目標とし、
「必要な最低限の基本命令14」

に絞り込んでみました。
余計なことはすべて省き、これだけは絶対に必要な内容に厳選しています。

これにより、
SQLを習得する上で、一番の壁となる
「SQLがなんだかわからない」
という壁を克服するようにしています。

また、
「せっかく、SQLを覚えたのに、どのようにつかったらいいかわからない」

といったことがないように、SQLを使い、実際に動く
「名刺管理システム」
について、説明を行っています。

実際にシステムを動かすことができますので、
システムを作る時に、どのようなSQLを使えばいいかを、理解することができます。

中身ですが、どんな内容になっているか、一部ですがお教えいたします。

    3分でSQLを動かせる環境を作ってしまう方法とは?
    本講座は、Excelのマクロにより、実際に動かせる環境で「SQLを体験」していきます。
    Excelの入ったフォルダをあなたのコンピュータに複写し、
    Excelを起動し、マクロを有効にするだけで、準備完了です。

    データベースを始めるときに、まず行うことは?
    データベースは、Excelの表にようなものを、イメージして下さい。
    このため、Excelを使う時に初めに、表を作るのと同じように
    テーブル作成を行います。

    SQL文は
    CREATE TABLE
    となります。

    データの操作を行う「3つの基本命」とは?
    データを行う操作は、新規追加、変更、削除などがあります。
    一行単位で操作するようになります。

    SQL文は
    新規追加  INSERT
    変更 UPDATE
    削除 DELETE
    となります。

    データを見やすく表示する命令は?
    格納したデータを取り出すことで、初めてデータを活用することができます。
    データを取り出す時に、いろいろな方法で取り出すことで、
    見やすくすることができます。

    SQL文は
    一覧表示 SELECT
    絞り込み WHERE
    並び替え ORDER BY
    重複削除 DISTINCT
    となります。

    テーブルは細かく分割すべきか、項目を多くしてまとめるべきか?
    データベースでは、データをいくつかのテーブルに分けて管理します。

    Excelなどに慣れているひとは、項目を多くして一枚のシートにまとめた方が
    わかりやすいように感じるかもしれません。

    しかし、 データベースの場合、テーブルを細かく分けることが大切です。
    細かく分けてテーブルを管理し、使うときには、テーブルを連結して使います。

    SQL文は
    テールブルを連結 LEFT JOIN
    となります。

    システムを作る時に、どのような操作でSQL文を実行するのか?
    データベースを使ったシステムを作る場合、
    どのような操作でどのようなSQL文を使うのか
    これを知っておくと、どのような画面構成にしたらいいかがわかりやすくなります。

    実際に動く
    「名刺管理システム」
    によりSQL文の使い方を理解していきます。


どうでしょうか?
難しい言葉で、難しいそうに感じますか?

しかし、
音声付動画をみながら、データを、コピーペーストして、動かせるので、
ゲームをやっているような感じで、楽しみながら、覚えていくことができます。

また、メニューから、それぞれの動画を起動できるようになっているので、
必要な項目を、効率よく勉強できるようになっています。
一度勉強したあとに、辞書のような感じでSQL文を調べることにも活用できるようになっていますね。


“「さわって覚えるSQL入門講座」の形式”

「すぐに、勉強ができるようにしたい!」
「いつでもどこでも繰り返し勉強したい!」

ということを、実現するために、
音声付動画ファイル、PDFマニュアル、動作環境用Excelファイルのダウンロード形式と、
DVDと冊子のセットになっています。

ダウンロード形式により、登録後すぐに、勉強が開始できるようになっています。

また、後日、郵送にて、DVDと冊子を、お届けいたします。
DVDと冊子により、じっくり、勉強ができるように、なっています。

DVDの冊子の内容は、ダウンロード形式の内容と同じものになっています。

“必要なもの"

本講座は、Excelのマクロと、Accessのデータベースにより、実際に動かしながら、
SQLを覚えていきます。

このため、Microsoft Excel(2000〜2007)が必要になります。
本製品には、Microsoft Excel(2000〜2007)は含まれませんので、別途準備お願いします。

Accessのデータベースは、Excelのマクロにより、作成しますので、
Microsoft Accessの製品は不要です。

“値段”

今回の講座ですが、9,800円(送料無料)となります。
お支払いは、クレジット(分割、リボ、ボーナス一括対応)、振込み、ビットキャッシュをお使いいただけます。

「実践型セミナー」の場合
だいたい、80,000円〜200,000円ぐらいします。

本講座の場合、都合のいい時間に、コンピュータがあればどこでも勉強できるので、
自宅でも、会社でも、勉強することができます。

なんどでも、繰り返し勉強することができるので、忘れてしまった時に、思い出すのにも使うことができます。

「さわって覚えるSQL入門講座」

音声付動画に従い、PDFマニュアルをコピーペーストするだけで、
データベースを動かしながら、SQLを習得できる!



※画像はイメージです




“難しすぎて、理解ができない場合は、
全額返金させていただきます!”

購入して30日間、実際に操作を行ってみてください。

もし、30日間試した上で、「難しすぎて、理解できない場合」
120日以内であれば代金の返金をお受けします。

ご返金を希望の方は、
メールに「返金希望」と書いて、
購入日、氏名、返金先銀行名と口座番号を
info★itskillup.jpまでご連絡ください。(★を@に変えて送信して下さい。)

ここまでできるのは、本講座の内容に自信がありますので、
あなたに実際に使っていただき、商品の良さをわかっていただきたいためです。

あなたがこの講座を実践するにあたって金銭的なリスクは一切ありません。

安心して取り組んで下さい。


さらに今回は特典をご用意しました。


“2ヵ月間のメールサポート”

今回、2ヵ月間のメールサポートを、おつけいたします。

本講座を受けていただき、わからない点を、補てんするために、実施することにしました。
これにより、より深く、SQLの理解を深めていただければ、と考えております。



“ケース付、SQL基本命令学習カード”

先着30名様、に限り、ケース付、SQL基本命令学習カードをお付けします。
14の基本命令を説明した、名刺サイズの学習カードです。

短い空いた時間などを、勉強に活用することができます。
通勤の途中や、昼休みの食事が終わった後など、ちょっとした時間を使って勉強できます。

カードタイプなので、覚えにくいものを選んで、勉強することもできます。
また、ケース付なので、カバンにしまって、持ち運びしやすいようになっています。



“SQL基本命令表示マインドマップ”

14の基本命令を機能別に表示した、A4版のマインドアップです。

人は文字より、絵で書いてあった方が覚えやすいといいます。
マインドマップは絵で描かれているため、イメージで覚えることができます。

机の前に置き、毎日ながめるだけでも、自然に覚えることもできますし、
マインドマップを別の紙に、書き写すことで、とうけいだてて、SQLを覚えることもできます。

また、透明カードケースと、書いたり消したりできるペンをお付けしますので、
覚えたものや、覚えにくいものに、印を付けていくことができます。




初心者ですがSQLを習得することは可能でしょうか?

初心者の方にもわかりやすい講座内容になっています。
音声付の動画での講座となっていますので、聞き逃した部分も、
何度でも、繰り返し勉強できるようになっています。
また、音声付動画に従い、マニュアルをコピーペーストすることで、
実際にSQLをさわって体験できますので、SQLをよりみじかに、学習できるようになっています。
ただし、コンピュータの起動や、Excelの操作などの知識は必要です。



友人や職場の人と活用したいのですが、1つの購入のみで大丈夫ですか?

大変申し訳ありませんが、
本教材はお一人につき、1ライセンス必要となっています。
このため、人数分のご購入が必要となっておりす。
ご理解いただけるよう、よろしくお願いします。



インターネットの接続が必要ですか?

本製品は、動画ファイル、PDFマニュアル、動作環境となるExcelを、
コンピュータにダウンロードして行います。
このため、ご購入の時に、インターネットからの、ダウンロードが必要です。
しかし、一度コンピュータにダウンロードすると、通常の勉強の時は、
インターネットへの接続は不要です。
また、DVD版を郵送しますので、DVDを使用すれば、インターネットの接続なしで、
ご利用できます。



本講座を行う上で、必要なものはありますか?

本講座は、Excelを使って実際に操作しながら体験できるようになっています。
音声付動画を見るだけであれば、Excelは不要ですが、
実際に体験しながら、短期間で習得するためには、Excelの環境が必要です。
本製品には、Microsoft Excelのシステムは含んでおりませんので、別途ご購入お願いします。
また、本講座では、Accessのデータベースを使用しますが、これは、Excelのマクロにより、
作成、実行を行いますので、Microsoft Accessのライセンスは必要ありません。



使いたいデータベースがAccess以外なのですが、問題ないですか?

本講座では、すぐ勉強できるようにと、データベースにAccessを使用しています。
データベースには、Access以外に、
Oracle,PostgreSQL,MySQL,DB2,Microsoft SQL Server などがあります。
それぞれ、データベースにより、若干コマンドの違いがあります。
今回、講座で説明する、基本コマンド14の部分は、ほとんど同じです。
ただし、名刺管理システムの部分のSQL文は、Access依存するところがあります。
本講座で、まず、SQLの基本の部分を習得し、
その上で、それぞれのデータベースごとに特化した部分を習得する方法がよいかと思います。



内容は難しくないですか?

SQLの基本は、単純です。
基本コマンドである14を覚えることで、SQLの基本的な処理を理解することができます。
また、本講座は、音声付動画なので、何度でも繰り返し学習できるところが
よいところでもあります。



商品はどのような形ものを、いつ受け取れますのか?

受け取れる商品は、DVD1枚とマニュアルとダウンロードアドレスです。
決済確認後、即座に音声付動画ファイル、PDFマニュアル、動作環境用Excelファイル
をダウンロードできるようになりますので、
数分後には、勉強をはじめることができます。
また、ダウンロードファイルと同じ内容のDVDと、冊子を郵送します。
冊子は、通勤中での勉強などにも、活用できます。



DVDと冊子は注文してから、どのくらいで到着しますか?

ご注文いただいてから、遅くとも5営業日以内に発送いたします。



現在フレームワークによるORマッパーをつかっているのですが
SQLを習得する必要があるのでしょうか?

現在、システムの開発で、ORマッパーによりデータベースとの受け渡しを
自動で行っている場合が多々あります。
この場合、プログラムする側では、データベースを意識することなく
システムの開発をすることができます。
しかし、内部では、SQLにより、データの受け渡しが行われています。
このため、システムを構築する上で、SQLは必要な技術です。
特に、動作が遅いなどの、レスポンスの問題が発生した時には、
原因究明、対策には必須の技術となります。
フレームワークなどにより、SQLの処理が見えにくくなるため、
なおさら、SQLの基本の部分については、勉強しておくべきところです。



すぐにはじめたいのですが、はじめるまでにどのくらいかかりますか?

注文をいただければ、すぐに、教材を、ダウンロードを開始できます。
また、体験環境も、Excelなので、データベースや、ツールの設定などは、不要となっています。
このため、数分後には、SQL文を実際に実行しながら、勉強をはじめることができます。



PHPとSQLによるWebシステムを構築したいのですが本講座は役に立ちますか?

本講座では、PHPの部分のは、ふれていません。
PHP+DBのシステム構築に必要な、SQLの部分に関しては、勉強できるようになっています。
本講座でSQLについて、勉強した上で、
別途、(または平行して)PHPに関する勉強することをお勧めします



他の講座とは何が違うのでしょうか?

まず、セミナーや講座教室の場合、そこへ、参加する必要があります。
このため、時間や場所の制約があります。
また、講座を受けた時は、わかったつもりになるのですが、後になると、よく理解できていかった
ということがよくあります。
本講座は、 音声付動画での教材なので、万が一聞き逃しても、
何度でも繰り返し学習できるところがよいところでもあります。
本音声付動画講座では、実際にExcelにより実行しながら、勉強できる体験型となっている
ため、内容がよくわかるようになっています。
また、基本コマンドの習得だけではなく、実際の模擬システムもついているので、
システムのなかで、SQL文がどのように使われるのかを理解できるよになっています。
一部、繰り返しになりますが、その他をまとめてみますと、
 ■ダウンロード形式なので、すぐその場で始めることができる
 ■なんどでもわからないところを、わかるまで、繰り返し勉強できる
 ■Excelマクロにより動作体験できるので、環境構築で挫折することがない
 ■PDFマニュアルをコピーペーストすることで、実環境で動かすことができるので
  動かしながら覚えることができる
 ■説明の動画がコマンド別にメニュー形式で分かれているので、必要な項目を勉強できる
 ■「名刺管理システム」のサンプルがあるので、どのようにSQLがつかわれるか理解できる
となります。





本講座には、
「とにかく、まず、SQLを使えるようになる」
ということを、目標とし、
「必要な最低限の基本命令」
に絞り込んでみました。
余計なことはすべて省き、これだけは絶対に必要な内容に厳選しています。

「すでに、SQLはだいたい理解している!」
あなたがそう感じているのであれば本講座は必要無いと思います。

しかし、
「SQLを習得したいが、なかなかうまく勉強できない」
と悩んでいるのであれば、本講座をぜひ、実践して見て下さい。

「ちょっとしたキッカケで、SQLは習得することができます。
私の様な遠回りをしないで、多くのプログラマにデータベースの良さを知ってもらいたい」

そんな想いで、作成しました。

最後まで目を通して頂き、ありがとうございました。
また、お会い出来る日を楽しみにしております。

■追伸
この講座を行ってみて、はじめは少し驚くかもしれません。

これまで、
「実際に体験しながら勉強する」
というものがなかったためです。

しかし、教育の現場では、
手を取り足を取り教えるのは、
当たり前のことです。

覚えられないのは、決してあなたが悪いわけではありません。

「実際に体験しながら勉強する」

単純なことですが、これを実現するためにはどうしたらいいか?
私は真剣に取り組みました。

「どうすればすぐにはじめられるか?」
「どうすれば実際に迷わずに操作できるのか?」
「どうすればつまづかずに勉強できるか?」
「どうすれば最後までたどり着けるのか?」

必死に考え作成しました。

だから、あなたにもぜひ実際に体験し、操作して頂きたいのです。

もしかしたら、はじめは、少し戸惑い、
やり終えるのに2日、3日かかってしまうかもしれません。

しかし、
SQLを習得したいという熱意があれば、
必ずやり遂げられると信じています。

■追伸2
技術は、ある日ふと何かに気付き、
そこから効率的に上達して行くと言う事があります。

それは、努力を始めて数日で訪れるかもしれませんし、
逆に何年と訪れないかもしれません。

私は、会社の先輩に、
「SQLを習得するのであれば実践型のセミナーに行ってみたら」
という一言がキッカケになりました。

SQLを習得し、その日を境にデータベースのすばらしさを知ることができました。
システム開発を行っていく上での、1つの転機であったと思います。

それまでは、
「データベースは便利そうだけど、覚えなくてもどうにかなる」
ということを、心のどこかで考えていたのだと思います。

もし、そのキッカケが無かったら、と思うと
本当にゾっとします。

そう言った意味で、私は幸運だったのかもしれません。
では、そう言った気付きを得られない多くの方を、
不運だったの一言で済ませてしまっても良いのでしょうか。

一生懸命に勉強しているのに、一生懸命に仕事をしているのに、十分に力を発揮できない。

それで本当に良いのでしょうか…

私が先輩から気付きを得たように、
次は私があなたに、キッカケを与えたいのです。

あなたにはまだ隠された可能性が眠っているはずです。

私は、現場において、一生懸命勉強し、一生懸命仕事をしているのに、
十分に力を発揮しきれていない、プログラマを沢山見てきました。

とてもセンスがよく、
考え方がしっかりしていて、
いいアイディアをたくさんもっているのに・・・・

そんなプログラマこそ、ちょっとした事を知るだけで大きく飛躍できます。
次は、あなたが力を発揮する番です。

私との出会いをキッカケに、
あなたの人生がより楽しいものになって頂ければ幸いです。





弊社に情報をお送りいただける場合は
下記のプライバシーポリシーにご同意いただけたものとみなさせていただきます。

特定商取引法に基づく表示プライバシーポリシー


Copyright © 2011 itskillup.jp All Rights Reserved.